カートゥーンネットワークで放映中のアニメ『ヤング・ジャスティス』やDCキャラ大集合な格闘ゲーム『インジャスティス』のおかげでキャプテン・マーベルやシャザムが気になる人が増えてきてる気がする今日このごろ。

でも「邦訳とか出てなさそうだし、どうすれば読めるの?(個人誌ではないけど一応出てます!2015年2月7日、ついに個人誌初邦訳の『シャザム!魔法の守護者』が発売されました!)」って戸惑ってる人や、そもそも「キャプテン・マーベル/シャザムってどんなヒーローなの?」って人も多いようなので、簡単に紹介記事を書いてみました。

最後にキャプテン・マーベル/シャザム関連作品を読み始めるならここからがオススメ、というリストも載せたので、「説明とかいいからそれだけ教えて!」って人はスクロールしてすっ飛ばしてください。

【2015/10/7追記】
この記事が未だに当ブログ内でアクセス数高いにも関わらず、情報が古いままなので追記します。
これを書いた当時は原書のみ紹介していましたが、めでたいことに

The New 52! SHAZAM!『シャザム!:魔法の守護者』 として邦訳出版されました!

…というか翻訳したのは私(と共訳に中沢俊介さん )なのですが。

アメコミ入門にも、アメコミは好きだけどシャザムのことはよく知らない人にも、昔のキャプテンマーベルが好きな人にも、すべての方にオススメできる一冊です!→当ブログでのあらすじ紹介記事はこちら
私の持てる限りのシャザム知識を詰め込んだ解説書も折り込まれているので、75年に渡るシャザムの歴史の触りを知ることもできます。
現在『ガイマン賞2015』のノミネート作品にもなっておりますので、ぜひご一読いただければ幸いです。

 

キャプテン・マーベルの基本設定

両親を亡くし、頼れる身内もなく過酷な暮らしをしている少年ビリー・バットソン。
彼はある日不思議な地下鉄に導かれ、シャザムと名乗る魔術師が住む洞窟に迷い込む。
そこで魔術師に命じられ、彼の名前「SHAZAM!」と叫ぶと、稲光と共に逞しい大人の姿に変身した!
彼こそが魔法の戦士、キャプテン・マーベルとなったのだ!


これがどの時代も一貫しているキャプテン・マーベルのオリジン(誕生譚)。

人間でありながら空を飛び、スーパーマンに匹敵するパワーとスピードを持ち、古代の神々から得られる優れた知恵もあり、弱きを助けるスーパーヒーロー。
…ただしその正体は非力で社会的立場も弱いただの子供である、というのがスーパーマンとの最大の違い。

見た目は立派な大人でも中身が子供であるために、騙されたりドジをやらかしたり…逆に子供ならではの機転と度胸で事件を解決したり。
そんなギャップに大きな魅力を感じこのブログの管理人もすっかりハマってしまったわけです。
c4a3cbde.g

ただ、キャプテン・マーベルは1940年に誕生してから70年以上の長い歴史を持つヒーローなので、その設定も細かいところから大きなところまで度々変更されています。「見た目は大人、中身は子供」というのも、厳密には時代によって違ってたりするのでそのへんはまた追々。

6つの能力

キャプテン・マーベルに変身するための呪文であるSHAZAMは、彼に力を授ける6つの神々と英雄の頭文字から取られています。
それぞれの神の名前と対応する能力は下記の通り。

S:ソロモン(Solomon)の知恵
H:ヘラクレス(Hercules)の剛力
A:アトラス(Atlus)のスタミナ
Z:ゼウス(Zeus)の全能
A:アキレス(Achilles)の勇気
M:マーキュリー(Mercury)の神速

The New 52! における設定改変により、現在は名前の由来については触れられてません。対応する能力も変更されている様子。進行中の原作でもまだ詳細が明かされてないのでこれもまた追々…

そもそもなんで名前が2種類あるの?

アニメやゲームでキャプテン・マーベル/シャザムを知った人は「そもそもキャプテン・マーベルとシャザム、両方聞くけどどっちがほんとの名前なの!?」って混乱してる方も多いんじゃないでしょうか。
それを説明するにはキャプテン・マーベルというキャラクターがフォーセット・コミックスで誕生してからDCコミックスに版権が移るまでのややこしい歴史が関わってくるんですが、そのへんは追々にして、とりあえずこれだけ覚えておけば大丈夫。

・フォーセット・コミックス時代(1940年〜1952年)
 本のタイトル:キャプテン・マーベル
 ヒーロー名:キャプテン・マーベル

・DCコミックス The New 52! 以前(1972年〜2011年)
 本のタイトル:シャザム
 ヒーロー名:キャプテン・マーベル

・DCコミックス The New 52! 以降(2011年〜現在)
 本のタイトル:シャザム
 ヒーロー名:シャザム

こんな感じで名前が変遷してるんですね。

アメコミに詳しい人なら御存知の通り、MARVELコミックスにもキャプテン・マーベルという名前のヒーローが(実際はこっちの方が後発なんですが)いる関係で、DCの方で本のタイトルにキャプテン・マーベルの名前が使えなくなってしまい、変身するときの呪文であるSHAZAM!(シャザム)を長らくタイトルとして使ってきました。

でも『ゼルダの伝説』の主人公をゼルダだと勘違いしてる人が少なからずいるように(主人公の名前はリンクです)、本のタイトルとヒーローの名前がバラバラだとややこしい。

そう考えたDCコミックスが、2011年にDCユニバースの歴史を全部リセットして1から語り直すことにしたのを機に、キャプテン・マーベルもヒーロー名を本のタイトルと同じシャザムにしようと決めました。

これでタイトルもヒーロー名も統一されてスッキリ!

…と言いたいところですが、名前が変更されたのがつい最近なので、作品の制作時期によって現行の作品でも両方の呼称が混在しており、かえってややこしいことになってる気もします(;´ω`)

例えば今日本で放映中(米国では既に最終回まで放映済)のアニメ『ヤング・ジャスティス』は制作開始がThe New 52! 以前だったためヒーロー名はキャプテン・マーベル。
一方2013年に発売したゲーム『インジャスティス〜神々の激突〜』はThe New 52! の設定改変に沿ってヒーロー名はシャザム、といった具合に…

ファンの間でも、The New 52! 以前から愛称としてキャプテン・マーベルのことをシャザムと呼ぶ人も多かった一方、「いや彼の名前はキャプテン・マーベルだ、例え公式に変更されてもそこは譲れない!」という頑ななファンもいたりで、新たな正式名称シャザムが定着するまではまだまだ時間がかかりそうです。

説明が長くなりましたが、結論としては
キャプテン・マーベル、シャザム、どっちも正解!
呼びやすい方で呼べばいいと思います。

とはいえ現在展開しているThe New 52! のストーリー中ではキャプテン・マーベルの呼称は一度も出てこず、一方The New 52! 以前のキャプテン・マーベルが作中でシャザムと呼ばれることもありません。なのでこのブログでは正確を期してThe New 52! 以前と以後で呼称を使い分け、両方の時代にまたがって総称するときは原則キャプテン・マーベル/シャザムと併記する方針です(めんどくさいけど…)。

オススメ関連作品

以前こんな
シャザム/キャプテン・マーベル関連おすすめ作品リスト【コミック編 Part.1】 
シャザム/キャプテン・マーベル関連おすすめ作品リスト【コミック編Part.2】 
シャザム/キャプテン・マーベル関連オススメ作品リスト【映像作品編】
リストを作ったんだけど、読んだ本片っ端から載せてったらとっちらかってしまったので…入門編として手に入りやすいオススメ作品をいくつかピックアップします。
■邦訳

DCスーパーヒーローズ

The New 52! で設定改変される以前の、最も一般的な設定のキャプテン・マーベルが読める唯一の邦訳作品。キャプテン・マーベル/シャザムに興味を持ったらまず真っ先に読んで欲しい!
オムニバス形式で、収録されている5つの短編のひとつがキャプテン・マーベルが主役の"Power of Hope"。
ヒーロー活動をするキャプテン・マーベルと、子供ながらラジオパーソナリティの仕事をしているビリー・バットソン。その二重生活の大変さに弱音を吐きそうになりながらも、ヒーローとして、そして子供としての喜びとは何かを見つめなおす、心暖まるお話です。
併録のスーパーマンやバットマン、ジャスティス・リーグを主役とした他の短編も面白いので少々分厚いけど買って損なし。

キングダム・カム

近未来を舞台に、旧世代と新世代のヒーロー同士の衝突が国の存亡を左右するほどの事態に発展していくエルスストーリー。キャプテン・マーベルそっくりに成長した大人のビリー・バットソンが登場し、出番は少ないが重要な役割を担っているので大変オススメ。
キャプテン・マーベルはもとよりジャスティスリーグの面々の基本設定をある程度知っていた方がより深く感動できるので、DCスーパーヒーローズを読んだ上でこちらを読んで欲しい。

フラッシュポイント

The New 52! における設定改変のきっかけとなる、DCユニバースの歴史を変えてしまう事件を描いた作品。主人公はフラッシュだが、ビリー・バットソンとキャプテン・サンダー(この世界におけるキャプテン・マーベル)も仲間として活躍する。
それまでの一般的な設定と違い、この作品ではビリーほか同じ里親の家に暮らす6人の少年少女が声を合わせてSHAZAMの呪文を唱えることで変身する。この6人の子供たちはこの後紹介するThe New 52! の新しい『SHAZAM!』にも登場するため、これを読んでおくと微妙な設定の変化がわかって面白いかも。


■原書

SHAZAM! (The New 52!)

いまから原書に手を出すならとにかくこれ!
長〜い歴史を持つキャプテン・マーベルの設定を全部リセットして、新たなオリジンを丁寧に語り直している上、英語も非常に読みやすくストーリーがわかりやすいので、原書初心者にもオススメです。
ここではビリー・バットソンの性格も今までの明朗快活なイメージから一新。物心ついた頃から酷い里親の家を点々としたせいで、すっかり捻くれて攻撃的な性格に育ってしまったというふうに描かれてます。しかしそんな問題児の彼がシャザムに変身する力を手に入れ、いかにしてヒーローとしての自覚に目覚めていくのか…?
緻密な伏線と人物描写、熱い少年マンガのような王道展開。個人的にこれまでのSHAZAMのエッセンスを凝縮した決定版だと思っているので、ぜひ読んでもらいたい一作。


Superman/Shazam!: First Thunder

スーパーマンとキャプテン・マーベルが初めて出会い、協力して悪人を倒し事件を解決しながら友情を深めていく。ビリー少年がスーパーマンとの共闘にはしゃいでいるころ、キャプテン・マーベルの宿敵Dr.シヴァナは彼の正体を突き止めようと密偵を放っていて…子供ながらにヒーローとして負わされる重い責任も描く作品。
大人の外見で子供らしく無邪気に振る舞うキャプテン・マーベルがたっぷり描かれているので、アニメ『ヤング・ジャスティス』でキャプテン・マーベルに興味を持った人にオススメです。


Shazam!: The Greatest Stories Ever Told

1940年のデビュー作から1998年までの各年代から選りすぐった13のエピソードを収録した1冊。
時代ごとに変化していく設定・作風がこの1冊で楽しめるので、キャプテン・マーベルの歴史を知りたい人にオススメ。
火傷で顔が醜く爛れてしまった友人を救うために治療薬を手に入れようと奔走するシリアスな一編 "Yeah--This is a Face Only a Mother Could Love..." と、変身能力がおかしくなってビリー少年の姿でしか神々の力を使えなくなってしまうコミカルな一編 ”Out of the Dark Cloud” が個人的に好き。


■アニメ

Superman/Shazam!: The Return of Black Adam

掲題のキャプテン・マーベルが主役の30分アニメと、グリーンアロー、スペクター、ジョナ・ヘックスを主人公にした3本のショートアニメを収めたオムニバス作品。
尺は30分と短いが、キャプテンマーベルのオリジン、宿敵ブラックアダムとの対決、スーパーマンとの師弟関係に似た友情がぎゅっと凝縮されテンポよく描かれていて、これ一本でキャプテン・マーベルの魅力がわかる良作。アクションシーンも迫力満点で見応えがあるので、英語に自信がなくてもきっと楽しめるはず。