あけましておめでとうございます!
新年早々ですがお仕事の告知です。

『シャザム!:魔法の守護者(New52!)』発売


ShoProBooksより2月7日発売予定の邦訳アメコミ、『シャザム!:魔法の守護者』 に、『スーパーマン・フォー・オールシーズン』や『バットマン:ハッシュ 完全版』の翻訳でお馴染みの中沢俊介さんと連名で共同翻訳者として関わりました。
DCいちのヒットメーカー、ジェフ・ジョーンズと、人間味溢れるアートが魅力のゲイリー・フランクが手掛けた傑作の初邦訳です!

シャザムの魅力にどっぷりハマり、毎日片っ端から関連作品を読みあさって2年ほど。
その中でも一番大好きなこの一冊を日本に紹介できる幸運に恵まれて、感無量です。

原書は以前から何度か当ブログでもお勧めしてきましたが改めて簡単にご紹介を。

あらすじ

shazam01
主人公は幼い頃から里親の家を転々とし、ひねくれて育った15歳の問題児ビリー・バットソン。
「早く大人になればこんな不自由な暮らしから抜け出せるのに」とやさぐれて、新しい里子先の気のいい義兄弟たちにも心を開こうとしない。

そんなある日、ビリーは不思議な城に迷い込み、そこで出会った魔術師に世界を守る後継者になれと、魔法の力を授けられる。
促されるまま「シャザム!」と叫ぶと、筋骨逞しい大人へと変身した!
32
大人になっただけでなく、神のようなスーパーパワーを手に入れたビリーはおおはしゃぎ。
見た目は大人のまま、子供の無邪気さで自由を満喫する。
しかし同じ頃、魔法の守護者シャザムとなった彼の命を狙う強大な敵が目覚めていた…

これはビリー少年がヒーローの自覚に目覚め、本当の願いを叶えるまでを描いた成長譚である。



この一冊でストーリーが完結していて前提知識が一切いらないので、「アメコミは読んだことないし…」という方にもお勧めです! 王道の熱い少年マンガとして誰もが楽しめるので、ぜひとも読んでみてください。

付録の歴史解説と用語解説も私が執筆させてもらいましたので、SHAZAMの歴史を詳しく知りたい方にもお勧めです。

Amazonやアメコミ専門店でも予約受付が始まってますので、よろしくお願いします!

Amazonシャザム! :魔法の守護者(THE NEW 52! )(DC)

blisterシャザム!:魔法の守護者

豆魚雷: シャザム!:魔法の守護者